The Great Hitoshicalic Carnival

目次に戻る
目次に戻る


『高橋仁大会』は、我らが画友「高橋 仁」なる人物の描き出す、奇怪至極な作風のイラストを徹底的に紹介するために開催された、阿鼻叫喚謝肉祭的サイトです。

 当大会のご案内をいたしますのは、永年彼の放つ異形世界に魅入られた、なかじまよういちと申します。 画友のよしみで、過去10年以上にも渡る高橋 仁氏の貴重なイラストを借り受け、同氏の監修の元に画像を編集加工し、一連のウェブサイトを構築することを、いささか悪のりじみた使命感とともに担当します。
 たまだまさお氏の発案・命名によりスタートしたこの企画は、同氏の企画展示サイト『T-M-D Museum』にてひっそりと一般公開、2004年〜2011年にかけて、『nokett』の常設コンテンツとなり、2012年より『popukonia』に移転し、なかじまが運営・管理しております。


 さて、高橋 仁氏の作品の魅力の1つとして、ディテールに富んでいることがあげられますが、ディスプレーで鑑賞するにはやや難点があります。 そこで、多くの画像にイメージマップをはりめぐらし、注目すべき絵の細部を拡大して表示する仕掛けを盛り込みました。 高橋ワールド初心者への、おせっかいな道案内でもあります。 重箱の隅をつつくように、イラストのあちこちをポインタでクリックしてみて下さい。 高橋ワールドのさらなる深みを体験できます。
 本来多くの作品には、作家自身の手でタイトル・注釈説明等はついておりませんでした。 しかし、甘美な異形世界に惑溺するなかじまの心に湧き上がった勝手な妄想を、畏友へ捧ぐ頌詩──あるいは狂言回しの口上──として作品の傍らに添える暴挙をも、当大会の景気づけとして大目に見ていただきたく思います。



 なお、高橋 仁氏の2001年以降の作品は、作者自らが手掛けた公式ホームページ『おでかけ食堂』でお召し上がりになれます。 『高橋仁大会』だけではもの足りない、強靱な精神と胃袋をお持ちの方はぜひともご来店なさることをお薦めいたします!









 ::: 2008年1月追記 :::

 天下の奇人、高橋 仁氏の生きた足跡は、われわれありきたりの世界しか見ることの出来ない、受信波長領域の狭い者たちに、凡夫の想像力の限界をはるかに突破した異世界の存在を示すことを使命とするかのごとき、激しい生涯でありました。
 彼はさらにもっと多くの作品を描くつもりでしたし、われわれは新しい彼の作品を心待ちにしていました。しかし彼は、多くの描きかけの絵をそのままに、この世から姿を消してしまったのです。
 高橋 仁亡き今、当然のことながら代わりを果たせる者など世界に一人たりとも存在しません。もっともっと描きたがり、もっともっと生きたがっていた彼が、すべてを志半ばで途絶えさせてしまったことを悔やみ、惜しむ、やるせない気持ちを、私はこの先いつまでも持ち続けることでしょう。

 もし、創作に彼が注いだエネルギーの一部でも、私に備わっているのならば、たとえ彼の跡を継いで描きかけの作品を完成させることはできないにしても、彼に匹敵するひたむきさ、それに研ぎ澄ました想像力と画力を用い、違和感に満ちたこの世の閉塞を突破してみたいと、奥歯を噛み締めながら強く強く願うのです。

          画友 なかじまよういち





↓公式ホームページはこちら↓


http://members.jcom.home.ne.jp/odekake/

目次に戻る
目次に戻る